• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問

『 取引ルール 』 内のFAQ

10件中 1 - 10 件を表示

1 / 1ページ
  • 18歳、19歳であっても全てのETFやETNを取引できますか?

    満18歳、満19歳のお客様は、レバレッジ型・インバース型ETF、レバレッジ型・インバース型ETNはお取引いただけません。 お取引いただけない銘柄の一覧につきましては、下記をご参照ください。 お取引できないETF一覧 お取引できないETN一覧 詳細表示

    • No:8847
    • 公開日時:2022/04/02 15:00
  • 株式取引の取扱市場・取扱銘柄を教えてください。

    東京証券取引所上場銘柄です。 詳細につきましては、こちらをご確認ください。 また、下記銘柄についてはお取扱いしておりません。 ・名古屋・札幌・福岡証券取引所単独上場銘柄 ・日経300投信 ・TOKYO PRO Market上場銘柄 ・カントリーファンド ・子会社連動配当株式 ・優先出資証券 ・証券保管振替機構非取扱銘柄 ・(一部を除く)国内上場外国株式... 詳細表示

    • No:491
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
    • 更新日時:2022/03/16 10:42
  • 株式の受渡日について教えてください。

    株式の取引が成立(約定)した時点では、投資家は株の権利を得たことになりません。 株式の売買代金(*)の支払いと受け取りは、取引が成立した日を含めた、約定日の3営業日後に行われるためです。 *手数料等も含めます。 株式の買い注文をした場合、約定日の3営業日後に代金の支払いがあり、注文対象の株が手に入ります。 売りの注文をした場合も同様に、約定日の2営業日後に株式の権利がなくなり... 詳細表示

    • No:265
    • 公開日時:2019/07/12 16:00
    • 更新日時:2022/02/01 15:56
  • 新規上場銘柄の上場初日の制限値幅は、どうなりますか?

    新規上場銘柄の上場初日に注文可能な値幅は、公募価格の1/4から4倍までの範囲となっており、新規上場銘柄の個別銘柄のページの値幅の欄に表示されます。 また、公募価格はPC会員ページ【株式】-【トップページ】-[取引注意銘柄]-[新規上場銘柄]にてご確認いただけます。 注文の際は注文タイプ・有効期限に制限はございません。 初値決定後は初値を当日の基準値段とし、通常の制限値幅が設... 詳細表示

    • No:3918
    • 公開日時:2021/06/11 15:49
    • 更新日時:2022/02/01 10:19
  • ストップ高、ストップ安で比例配分が行われる場合のルールを教えてください。

    ストップ高、ストップ安で比例配分が行われる場合、各証券会社へ配分が行われ、各証券会社におけるルールによりさらにお客様へ配分しております。 通り当社では以下の基準で定めたルールに則って、公正に割当を行っております。 お客様単位に注文数量を合計します。 注文合計数量の多いお客様から順に1単元ずつ配分を行います。(※) 割当数量が無くなるまで2.を繰り返します。 ... 詳細表示

    • No:8034
    • 公開日時:2021/12/20 10:57
    • 更新日時:2022/01/31 17:30
  • 新規上場した銘柄はいつから現物取引の注文を出すことができますか?

    現物取引で新規上場銘柄を「買う」「売る」場合、上場日の前営業日17時以降から注文が可能となります。 詳細表示

    • No:3924
    • 公開日時:2021/06/11 15:51
    • 更新日時:2022/01/31 12:13
  • 保有株があるのに、売り注文を出そうとすると、「現物売付余力が不足しているためお受けできません」というメッセージが出て、発注できません。

    同日(同受渡日)に同銘柄の買いと売りを行う取引(「買⇒売」または「売⇒買」)は、日計り取引となります。 現物取引において差金決済取引は法令で禁止されておりますので、同一資金を使って同一銘柄を同日中に「売⇒買⇒売」のお取引を行うことはできません。 同銘柄日計り「売⇒買⇒売」の2回目の「売」を可能とするには、最初の「売⇒買」を行った時点で同一資金を利用して買付して... 詳細表示

    • No:280
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/12/14 11:18
  • 現物買付余力があるのに、「現物買付余力が不足しているためお受けできません」と表示され、注文が出せません。

    以下のいずれかに該当している可能性がございます。 1.注文発注時において、次の基準で計算した金額が現物買付余力を超える場合は、注文をお受けできません。 ・指値注文の場合: 指値の値×注文数量+税込手数料金額 ・成行注文の場合: 当日のストップ高価格×注文数量+税込手数料金額 ※「寄成」「引成」「指成」も制限値幅上限(ストップ高)の値段で現物買付余力を計算しておりま... 詳細表示

    • No:250
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/12/14 11:14
  • 「現物買付余力が不足しているか、日計り取引による差金決済取引に該当するため、お受けできません。」というエラーメッセージが出て発注できません。

    「現物買付余力が不足しているか、日計り取引による差金決済取引に該当するため、お受けできません。」と表示される場合、以下の理由が考えられます。 ①買付余力不足について 注文発注時において、次の基準で計算した金額が現物買付余力を超える場合は、注文をお受けできません。 ・指値注文の場合: 指値の値×注文数量+税込手数料金額 ・成行注文の場合: 当日のストップ高価格×注文... 詳細表示

    • No:259
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/12/10 11:48
  • 株式取引で注文画面に表示される取引注意喚起銘柄の条件は何ですか?

    以下の青い太字の取引注意項目に該当する銘柄は、注文画面で注意喚起を行っております。 黒字の項目に該当する銘柄については、PC会員ページ【株式】-【取引注意銘柄】をご確認ください。 各種規制措置 売買停止 臨時措置 値幅制限 買付代金即日徴収 増担保規制銘柄 貸借取引申込停止銘柄 貸株注意喚起銘柄 特別周知銘柄 日々公表銘柄 ... 詳細表示

    • No:249
    • 公開日時:2017/04/15 07:00
    • 更新日時:2021/12/09 14:21

10件中 1 - 10 件を表示