• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 63
  • 公開日時 : 2019/08/06 16:49
  • 印刷

約定した値段と取得単価が違います。どうしてですか?

カテゴリー : 

回答

保有株一覧に表示される平均取得単価は、約定時の価格(約定単価)とは異なります。

取得単価とは、税法上の損益を計算するために算出しているもので、取得に要した費用として買付時の手数料(消費税込み)を含めた受渡代金から計算されます。

<取得単価の計算式>
(約定単価 × 数量 + 手数料) ÷ 数量

例えば、A株式を100円で1,000株買った場合(手数料は1約定ごと)、買付時受渡代金100,095円より1,000株の買付単価を計算すると、100.095円となります。この場合の取得単価は101円です(小数点以下は切り上げ)。

<取得単価の計算式>
(100円 × 1,000株 + 95円) ÷ 1,000株 = 100,095円 ≒ 101円(端数切り上げ)
取得単価の計算方法の詳細につきましては、こちらをご確認ください

なお、取得単価と実際の損益とは異なりますので、実際の損益を確認したい場合には、下記画面よりご確認ください。

▽過去3ヶ月間の取引履歴
・会員ページ【株式】-【約定履歴】

▽3ヶ月以上前の取引履歴
・会員ページ【マイページ】-【電子書類閲覧】
・会員ページ【マイページ】-【精算表】-【取引履歴・CSV】「現物」で検索をし、「受渡金額」をご確認ください。
※3:30~6:00はメンテナンスのためご利用いただけません。
※株式の実現損益は取得単価を元に計算しています。また、現物および現渡の実現損益は、過去1年半以内かつ2014年以降のデータのみ表示可能です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。