• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 貸株サービス 』 内のFAQ

44件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • 貸株中の銘柄の売却はできますか?

    貸株中の数量を問わず、貸株している株式を自由に売却することは可能です。但し、売却した銘柄については、口座区分ごとに全ての貸株が解除され、売却の受渡日から貸株設定の申込が可能となります。 

    • No:1207
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
  • 貸株をしている間、株主優待、配当金、議決権はどうなりますか?

    権利確定日にお手持ちの株券を貸株に設定中である場合、株主優待や総会での議決権、および株主提案権等の権利を受取ることが出来ません。 ただし、貸株中銘柄の配当金については「配当金相当額」として受け取ることができます。 配当金相当額についてはコチラをご参照ください。 なお、対象銘柄に限り、事前の設定で株主...

    • No:1204
    • 公開日時:2017/11/02 18:00
  • 貸株料(金利)はどのように支払われますか?

    銘柄ごとに年率で日々計算した金利は小数点以下3位以下を切り捨て、1日~末日までの合算金額を円未満で切り捨て、翌月20日(営業日でない場合には前倒し)に証券口座へ入金します。

    • No:1205
    • 公開日時:2017/02/25 00:00
    • 更新日時:2017/06/08 18:06
  • 配当金相当額について教えてください。

    株式を貸出している間に配当金の受け取りが発生した際、配当金に代わって支払われるもので、源泉徴収税額を差し引いた配当金の額と同等の金額を受け取ることができます。

    • No:1235
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
    • 更新日時:2016/10/14 18:02
  • 申し込みをしたら、いつから貸出しされますか?

    <信用口座未開設の場合> 15:30時点で「申込する」に設定されている銘柄について、翌営業日から、貸株の設定が適用され金利が付与されます。 <信用口座開設済の場合> 15:30までに申込がされた銘柄については3営業日後から、貸株の設定が適用され金利が付与されます。

    • No:1222
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
    • 更新日時:2016/10/14 16:51
  • 配当金相当額の税金について教えてください。

    貸株サービスの配当金相当額は、雑所得としての総合課税扱いになります。 ※配当所得とはならず、配当控除の対象とはなりません。 雑所得内の損益通算に関しては、最寄りの税務署にご質問ください。 配当金相当額についてはこちらをご確認ください。

    • No:1240
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
    • 更新日時:2018/02/02 14:37
  • 配当金相当額について教えてください。

    ①雑所得となり、課税の対象となります 配当金相当額 10万円 配当金相当額の受取額は所得税が源泉徴収された配当金の額と同額の金額になります。 ただし、配当金相当額は雑所得として扱われるため、再度課税の対象となります。 所得税 ▲2万円 受取額 8万円 ...

    • No:1706
    • 公開日時:2017/11/02 18:00
    • 更新日時:2017/11/06 17:09
  • 貸株中の銘柄にコーポレートアクションが発生した場合どうなりますか?

    コーポレートアクション銘柄を貸株していた場合は、権利付き最終売買日の2営業日前に自動で貸株から解除されます。

    • No:1215
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
  • 株主優待自動取得サービスとは何ですか?

    株主優待自動取得サービスとは、株主優待の権利を取得できるように、当社が定める優待期間中(権利付き最終売買日の5営業日前~権利確定日または権利基準日までの期間)は自動で貸株解除が行われ、お客様ご自身で指示しなくても株主優待や配当金の権利が取得できるサービスです。 優待の取得に長期継続保有の条件がある銘柄につい...

    • No:1225
    • 公開日時:2017/11/02 18:00
  • 貸株金利の税金について教えてください。

    貸株金利は、雑所得としての総合課税扱いになります。 雑所得内の損益通算に関しては、最寄りの税務署にご質問ください。

    • No:1241
    • 公開日時:2016/10/14 16:00

44件中 1 - 10 件を表示