• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 外為オプション取引 知識確認テスト 』 内のFAQ

100件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • 原資産の金利が上がると、コールオプションの価格は高くなるが、プットオプショ...

    ○ コールオプションの価格は、原資産の金利が上がると高くなり、プットオプションの価格は、原資産の金利が上がると安くなります。 たとえば、資金を借りて原資産を買うことを考えた場合、同じ価格であれば、現時点で買うより将来買う方が金利分だけ有利となり、金利が上がれば将来買う方がさらに有利となりますので、コールオプショ...

    • No:961
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • ボラティリティ(価格変動率)が上昇すれば、プレーンオプションの価格(価値)...

    ○ 「ボラティリティ」とは、原資産の価格変動率のことです。プレーンオプションの場合は原資産の価格変動が大きくなるとボラティリティは上昇し、オプションが権利行使される可能性が高くなりますので、オプションの価格(価値)は高くなります。オプションの価格(価値)は、コールオプションでもプットオプションでも、ボラティリテ...

    • No:967
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 「アウトオブザマネー」とは、プットオプションでは、原資産の価格が権利行使価...

    × 「アウトオブザマネー」とは、オプションの権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態のことです。コールオプションでは、原資産の価格が権利行使価格を下回っている状態、プットオプションでは、原資産の価格が権利行使価格を上回っている状態のことをいいます。

    • No:929
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • バイナリーオプションには複数の種類があり、満期に一定条件を満たしている場合...

    ○ バイナリーオプションには、満期にインザマネー(権利行使により利益が出る状態)となっている場合に限り、オプションの買い手にペイアウトが支払われるシンプルなバイナリーオプションのほか、レンジバイナリーオプション(権利行使価格が1つではなくレンジとなっているもの)やワンタッチ・バイナリーオプション(満期までに一度...

    • No:893
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 「通貨オプション」とは、一方の通貨を買って、他方の通貨を売る権利であり、た...

    ○ オプションには「コール」(買う権利)と「プット」(売る権利)とがあります。「通貨オプション」は、通貨を原資産(取引の対象となる資産)とするオプションであり、通貨ペアが米ドル/円の場合には、米ドルを買って円を売るものを、「米ドルコール/円プット・オプション」(略して米ドルコール・オプション)と呼び、米ドルを売...

    • No:888
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 原資産価格が上昇すると、オプションの価格は高くなるのは、コールオプション(...

    ○ コールオプション(原資産を買う権利)の場合、原資産価格が上昇すると本源的価値(本質的価値)が高くなりますので、オプションの価格は高くなり、原資産価格が下落すると本源的価値(本質的価値)が低くなりますので、オプションの価格は低くなります。

    • No:963
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 全てのバイナリーオプションは、オプションの満期のみを権利行使時刻として定め...

    × バイナリーオプションには、満期にインザマネー(権利行使により利益が出る状態)となっている場合に限り、オプションの買い手にペイアウトが支払われるシンプルなバイナリーオプションのほか、レンジバイナリーオプション(権利行使価格が1つではなくレンジとなっているもの)やワンタッチ・バイナリーオプション(満期までに一度...

    • No:892
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • オプションの理論価格の計算に用いられるボラティリティのうち、「ヒストリカル...

    ○ オプションの理論価格の計算に用いられるボラティリティには、「ヒストリカルボラティリティ」と「インプライドボラティリティ」の2種類があります。 ヒストリカルボラティリティ: 原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティのことです。 インプライドボラティリティ: 原資産に対する将来の変動率を予測し...

    • No:986
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • バイナリーオプションは最大損失額が損失が限定される取引であるが、投資金額全...

    ○ バイナリーオプションの買い手の最大損失額はオプション料(プレミアム)であり、売り手の最大損失額はペイアウト額からオプション料(プレミアム)を差し引いた額となりますが、バイナリーオプションは投資金額全額を失う場合もあるリスクの高い取引であり、また、取引金額が少額であっても、多数回の取引を繰り返し行うことにより...

    • No:952
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 「アットザマネー」とは、オプションの権利行使を行った場合の損益がゼロの状態...

    ○ 「アットザマネー」とは、オプションの権利行使を行った場合の損益がゼロの状態のことであり、コールオプション、プットオプション共に、原資産の価格が権利行使価格と同じ状態のことをいいます。

    • No:928
    • 公開日時:2016/04/08 13:52

100件中 1 - 10 件を表示