• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1728
  • 公開日時 : 2017/11/15 10:11
  • 更新日時 : 2017/12/04 12:55
  • 印刷

デリバティブ取引(FX、外為OP、CFD、くりっく365、先物OP)の確定申告は必要ですか?

回答

確定申告について教えてください

FX取引および以下のデリバティブ取引で利益(取引差益・スワップ益)が出た場合、「先物取引にかかる雑所得等の金額」として申告分離課税で20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税率により、確定申告をして納税する必要があります。
また、FX取引の所得はCFD取引、外為オプション取引等との「損益通算」および「損失額の3年間の繰越控除」が可能となります。

FX取引等の年間取引を合計して利益がありますか?

FX取引……………
取引差益・スワップ益
外為OP取引………
取引差益
くりっく365取引……
取引差益・スワップ益
CFD取引…………
取引差益・配当金相当額・
金利相当額の受取
先物OP取引………
取引差益

あなたは給与所得者ですか?

給与年収が2000万円超ありますか?

給与所得および退職所得以外の所得の金額合計が20万円超ですか?

お客様は確定申告が必要です

確定申告の必要なし

ほかの所得も申告の必要がない場合は、原則として申告しなくても問題ありません。
なお、FX取引の損失は3年間の繰越控除が可能です。詳細についてはこちらをご確認ください。

場合により確定申告が必要

自営業の場合などは基本的に確定申告が必要です。
また、専業主婦や無職者で年間の収入が38万円以下、パート収入が103万円以下の場合は申告の必要がありません。税理士または税務署にお問い合わせいただくか、国税庁タックスアンサーのウェブサイトをご参照ください。

※その年において公的年金等にかかる雑所得がある人で、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、その年分の公的年金等にかかる雑所得以外の所得金額が20万円以下である人も、確定申告の必要はありません。

<ポイント>

  • 申告分離課税で、税率は一律20.315%
  • 店頭取引と先物取引等の損益通算が可能
  • 損失の繰越控除が3年間可能

確定申告について教えてください

※詳細および確定申告にあたっては、税理士または税務署にお問い合わせいただくか、国税庁タックスアンサーのウェブサイトをご参照ください。
※本内容は2017年12月現在の情報に基づき作成しておりますが、法令・制度等の改正により、変更または廃止される可能性があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。