• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 株式 』 内のFAQ

33件中 11 - 20 件を表示

2 / 4ページ
  • 【貸株サービス】配当金相当額の税金について教えてください。

    雑所得となり、総合課税扱いになります。 ※配当所得とはならず、配当控除の対象とはなりません。 また雑所得のため、株の譲渡損益との間で損益通算ができません。 ※雑所得内の損益通算については、最寄りの税務署にお問い合わせください。 配当金相当額については、こちらをご確認ください。 雑所得として課税対象に!↑ ※税率を20%と仮定。... 詳細表示

    • No:1240
    • 公開日時:2016/10/14 16:00
    • 更新日時:2022/03/17 12:36
  • 取引履歴CSVの見方を教えてください。

    各商品の取引履歴CSVにつきまして、確認方法は以下の通りです。 <株式取引> <先物オプション取引> <CFD取引> <株価指数バイナリーオプション取引> <くりっく365取引> <FXネオ取引> <外為オプション取引> <外国債券取引> <maneo取引>... 詳細表示

    • No:112
    • 公開日時:2019/04/12 16:00
    • 更新日時:2022/03/11 09:45
  • 取引残高報告書の見方を教えてください。

    各商品の取引残高報告書の見方につきましては、以下の通りです。 <株式取引> <先物オプション取引> <CFD取引> <株価指数バイナリーオプション> <くりっく365取引> <FXネオ取引> <外為オプション取引> <外国債券取引> <maneo取引>... 詳細表示

    • No:36
    • 公開日時:2019/04/25 16:00
    • 更新日時:2022/03/11 09:42

    • 電子交付
  • 株式取引の確定申告は必要ですか?

    確定申告について教えてください 確定申告が必要? 年間取引報告書の見方 損益通算と繰越控除 配当金 が対象です。 上場株式等の取引で生じる収益は、その年に取引した口座ごとに集計し、合計して損益を確認します。 ※特定口座で売却の取引や配当金の受取がない(損益が発生しない)場合、年間取引報告書は発行されません。 ... 詳細表示

    • No:1729
    • 公開日時:2020/12/11 15:00
    • 更新日時:2022/02/01 11:25
  • 株式取引の損益通算と繰越控除について

    確定申告について教えてください 確定申告が必要? 年間取引報告書の見方 損益通算と繰越控除 配当金 が対象です。 損益通算と繰越控除 特定口座の「源泉徴収あり」をご選択いただく、またはご自身で確定申告をすることで、上場株式等の損失と配当金等を損益通算することもできます。 GMOクリック証券の取り扱い商品では以下の取引の損益通算が可能です。 ... 詳細表示

    • No:1733
    • 公開日時:2018/04/04 11:14
    • 更新日時:2022/02/01 11:22
  • 「特定口座年間取引報告書」の見方について教えてください。

    ※株式取引特定口座で取引が無い場合、「特定口座年間取引報告書」は発行されません。ご了承ください。 ※2014年以降は軽減税率が廃止され、20.315%の税率が適用されます。(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%) ※「⑨+⑮合計(配当所得の金額)」と「⑯譲渡損失の金額」を差し引きした際に、譲渡損失の方が大きい場合は、「⑰差引金額(⑨+⑮... 詳細表示

    • No:55
    • 公開日時:2019/01/23 13:49
    • 更新日時:2022/02/01 10:12

    • 電子交付交付:1月中旬予定
  • 軽減税率の廃止について教えてください。

    2013年12月31日までは上場株式等の譲渡益や配当金等に税率10%の軽減税率が適用されますが、2014年以降は軽減税率が撤廃され、20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%)の税率が適用されます。 詳細は、こちらをご確認ください。 ※2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、復興特別所得税として所得税額に2.1%が上乗せされます。 詳細表示

    • No:759
    • 公開日時:2017/11/30 17:00
    • 更新日時:2021/12/21 15:02
  • 私は、専業主婦なので給与収入等はありません。唯一、株式等の譲渡所得等がある場合、必ず確定申告をしなければならないのですか?

    所得税の課税所得金額を計算する場合、すべての方の所得金額から差し引くことが認められている所得控除があります。 これを基礎控除といい、その金額は 48万円です。 ※基礎控除の控除額は2020年分より、38万円から48万円(所得が2,400万円以下の場合)に引き上げられました。 したがって、他に所得がなく、株式等の譲渡所得等のみの場合は、その譲渡所得等の金額が48万円以下であれば確... 詳細表示

    • No:512
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
    • 更新日時:2021/12/15 13:56
  • 配偶者が株取引を行い利益を得た場合、配偶者控除や配偶者特別控除の適用について影響がありますか?

    配偶者控除は、配偶者の合計所得額が48万円を超えると受けられなくなります。 ・令和元年分以前は38万円以下 詳細は下記をご参照ください。 ◆国税庁ホームページ No.1191 配偶者控除 また、配偶者特別控除は、配偶者控除の対象とならない配偶者について、その配偶者の合計所得額が48万円を超えて133万円未満の場合に適用があります。 ・平成30年分から令和元年... 詳細表示

    • No:661
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
    • 更新日時:2021/12/07 11:39
  • 税制リンク集

    当社取扱商品の税金に関するページのリンク集です。 ※お取引する金融商品によって、税制は異なりますのでご注意ください。 ◆国税庁ホームページ ・株式と税 ・タックスアンサー ・所得税(確定申告書等作成コーナー) ・e-Tax(国税電子申告・納税システム) ・確定申告書等作成コーナのご案内 国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」の画面の案内に従って金額等を... 詳細表示

    • No:29
    • 公開日時:2018/04/12 16:00
    • 更新日時:2021/12/03 11:11

33件中 11 - 20 件を表示