• No : 200
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:50
  • 更新日時 : 2021/11/26 14:45
  • 印刷

CFD取引の必要証拠金について教えてください。

回答

必要証拠金とは、新たに建玉を建て保有するために必要な証拠金のことを指します。
新規注文を行う際に、取引余力から必要証拠金が拘束されます。

※新規建後に拘束される必要証拠金は変動しません。


必要証拠金の額は下記の通りです。

・株価指数CFDは取引金額の10%に相当する日本円。(レバレッジ10倍)
・商品CFDは取引金額の5%に相当する日本円。(レバレッジ20倍)
・株式CFDは取引金額の20%に相当する日本円。(レバレッジ5倍)
・バラエティCFDは取引金額の20%に相当する日本円。(レバレッジ5倍)

なお、必要証拠金の計算式は以下の通りです。
 
<必要証拠金の計算式>
・1CFDあたりの必要証拠金=約定単価×取引単位(×約定時のコンバージョンレート)÷レバレッジ
 
※コンバージョンレートは外貨建のCFDのみ利用
※各銘柄のレバレッジ・取引単位につきましては、PC会員ページ【CFD】-【インフォメーション】の[取引単位・レバレッジ]欄より、ご確認いただきますようお願いいたします。