• No : 447
  • 公開日時 : 2017/11/30 17:00
  • 更新日時 : 2019/07/19 14:31
  • 印刷

株式取引の税金の取扱について教えてください。

カテゴリー : 

回答

現在、株式取引の利益に係る税金の税率は20%(所得税15%・住民税5%)であり、申告分離課税の方法により課税されます(※)。

また、信用取引に係る損益との通算は可能ですが、先物OP取引・FX取引に係る損益との通算はできません。
なお、決済により生じた損失の額のうち、その年に控除しきれない金額は、翌年以降3年にわたって繰越控除を行うことができます。

※平成15年1月1日から平成25年12月31日までの間の譲渡に限り、その上場株式等の譲渡益(年間の譲渡損益を通算した後の利益)に対して10%(所得税7%、住民税3%)の軽減税率で課税され、平成26年1月1日以降は20%(所得税15%、住民税5%)の基本税率が適用されます。

2012年以降の税制のポイントは こちらをご確認ください