• No : 968
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:52
  • 印刷

プレーンオプションの価格は、原資産のボラティリティ(価格変動率)が高いほど高くなる。

回答



「ボラティリティ」とは、原資産の価格変動率のことです。プレーンオプションの場合は原資産の価格変動が大きくなるとボラティリティは上昇し、オプションが権利行使される可能性が高くなりますので、オプションの価格(価値)は高くなります。
オプションの価格(価値)は、コールオプションでもプットオプションでも、ボラティリティが上昇すれば上昇し、ボラティリティが下落すれば下落します。
オプションの理論価格の計算に用いられるボラティリティには、以下の2種類があります。

ヒストリカルボラティリティ: 原資産に対する過去の変動率の実測値に基づくボラティリティ
インプライドボラティリティ: 原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティ

当社が取り扱う「外為オプション」では、取引価格の計算時にヒストリカルボラティリティを使用しています。