• No : 903
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:52
  • 更新日時 : 2019/07/31 15:34
  • 印刷

米ドル/円が下落すると予測する場合、米ドルプットオプションを取得することによって下落リスクをヘッジ(回避)することができる。

回答



米ドル/円が下落すると予測する場合、現在のレートよりも低い水準を権利行使価格とする、米ドルプットオプション(米ドルを売る権利)を取得すれば、権利行使期日に米ドル/円が権利行使価格の水準より下落していたとしても、権利行使価格で米ドルを売ることができ、権利行使価格の水準よりも下落するリスクをヘッジ(回避)することができます。

ただし、オプションを取得する場合はオプション料(プレミアム)を支払う必要がありますので、その点を考慮したうえでヘッジを行う必要があります。