• No : 265
  • 公開日時 : 2019/07/12 16:00
  • 印刷

株式の受渡日について教えてください。

回答

株式の取引が成立(約定)した時点では、投資家は株の権利を得たことになりません。

株式の売買代金(*)の支払いと受け取りは、取引が成立した日を含めた、約定日の2営業日後に行われるためです。
*手数料等も含めます。

株式の買い注文をした場合、約定日の2営業日後に代金の支払いがあり、注文対象の株が手に入ります。
売りの注文をした場合も同様に、約定日の2営業日後に株式の権利がなくなり、代金を受け取ることができます。

この代金と株式の交換を受渡(うけわたし)といいます。株の購入も売却も最短で3日かかります。

受渡日が未到来の売却代金は、現金として受け取りができません。
約定日から受渡日までのあいだに、土日祝日がある場合は、ご出金まで3日以上の日数がかかりますのでご注意ください。詳細につきましては株式の売却代金の出金はいつできますかをご確認ください。

【参考例1】
下記日程のように、26日(火)に株式の買付を行った場合、受け渡しは28日(木)となります。
ただし、保有株一覧や余力には26日(火)に反映をします。売却も即日より可能です。
file_image
 
 
【参考例2】
下記日程のように、28日(木)に株式の買付を行った場合、受け渡しは1日(月)となります。 ただし、保有株一覧や余力には28日(木)に反映をします。売却も即日より可能です。
file_image