• No : 131
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:50
  • 印刷

先物取引で逆指値注文の設定条件を満たしたのに、約定しないのはなぜですか?

回答

逆指値注文の設定条件を満たしたのに、約定しないケースとして、以下の例が考えられます。

「現在値が14,000円以下になったら14,000円の指値で売り」という逆指値注文を発注した場合、現在値が14,000円以下になると、指値14,000円の売り注文が取引所に発注されます。
この売り注文が約定しなかった場合は、指値14,000円の売り注文を取引所で受け付けた時点で、既に価格が13,990円以下に下がってしまっており、その後も14,000円まで戻らなかった事が考えられます。

買い注文の場合も同様です。