• No : 130
  • 公開日時 : 2019/07/16 15:00
  • 更新日時 : 2021/06/03 13:08
  • 印刷

CFD取引でロスカットレートを変動させる方法を教えてください。

回答

任意証拠金を増減させることにより、ロスカットレートの変更が可能です。方法は以下の通りです。
※任意証拠金とはお客様自身が任意の額の証拠金を該当建玉に追加して割り当てる証拠金です。
 
<PC会員ページ>
1.【CFD】-【建玉一覧】にて、任意証拠金額を変更したい建玉のロスカットレート[変更]ボタンをクリック
※もしくは【トレード】-[建玉一覧]より[ロスカットレート]をクリック
2.入力パネルより「変更後」に、[ロスカットレートを○○○○円にする]、または[任意証拠金に±○○○○円]を入力する
3.[計算]をクリックし、割当てる任意証拠金を確認後、[実行]をクリック
 
<スマホアプリ>
1.メニューから【保有/履歴】-【建玉サマリー】または【建玉一覧】を選択。
※もしくは【トレード】–銘柄情報を選択
2.変更希望の建玉をタップ
3.ロスカットレート一括変更画面より金額を入力
 
※発注済みの未約定注文に対して、あらかじめロスカットレートを指定できます。詳細はこちらをご確認ください。
※「マイナス額が現在の任意証拠金を上回っています。」とメッセージが表示された場合
ロスカットレートは任意証拠金を増やすことでロスカットレートが約定価格から離れ、ロスカットの可能性を低くすることは可能ですが、ロスカット幅を狭くすることはできません。その場合は「逆指値」の決済注文でご対応いただけます。
 
 
また、新たに任意証拠金を積み立てた場合のロスカットレートの計算方法は以下の通りです。
 
<買建玉の場合>
変更後ロスカットレート = 現在のロスカットレート - 新たに割り当てる任意証拠金額÷建玉数÷売買単位÷コンバージョンレート(※)
 
<売建玉の場合>
変更後ロスカットレート = 現在のロスカットレート + 新たに割り当てる任意証拠金額÷建玉数÷売買単位÷コンバージョンレート(※)
 
※通貨が外貨の銘柄についてはコンバージョンレートを加味して計算します。