• No : 130
  • 公開日時 : 2019/07/16 15:00
  • 印刷

CFD取引でロスカットレートを変動させる方法を教えてください。

回答

CFD取引では建玉を維持するのに必要な最低限の証拠金である必要証拠金に加え、お客様自身が任意の額の証拠金を建玉に割り当てることができます。これを任意証拠金と呼びます。

任意証拠金を増減させることにより、ロスカットレートの変更が可能です。
任意証拠金を積み立てた場合のロスカットレートの計算方法はこちらをご確認ください。

任意証拠金の変更は、【CFD】-【建玉一覧】にて、任意証拠金額を変更したい建玉のロスカットレート[変更]をクリック(もしくは【トレード】-[建玉一覧]より[ロスカットレート]をクリック)し、変更後のロスカットレートまたは増減させたい任意証拠金額を入力し、[計算]をクリックし、割当てる任意証拠金を確認後、[実行]をクリックすると反映されます。
 
※発注済みの未約定注文に対して、あらかじめロスカットレートを指定できます。詳細はこちらをご確認ください。