• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 989
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:52
  • 印刷

権利行使期限までの期間が短いオプションの場合、オプションの価格を形成するそれぞれの要素(原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利)はオプションの権利行使期限まで一定であるので、オプション取引のリスクを管理するときには、特に考慮する必要はない。

回答

×

オプションの価格を形成する要素には、原資産の価格、権利行使価格、権利行使期限までの期間の長さ、ボラティリティ、金利があり、それらの要素に変化があればオプションの価格も変化します。したがって、オプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション価格の変化の関係を理解する必要があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。