• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 888
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:52
  • 更新日時 : 2019/07/31 15:48
  • 印刷

「通貨オプション」とは、一方の通貨を買って、他方の通貨を売る権利であり、たとえば米ドルを買って円を売るものを「米ドルコール/円プット・オプション」と呼び、米ドルを売って円を買うものを「米ドルプット/円コール・オプション」と呼ぶ。

回答



オプションには「コール」(買う権利)と「プット」(売る権利)とがあります。

「通貨オプション」は、通貨を原資産(取引の対象となる資産)とするオプションであり、通貨ペアが米ドル/円の場合には、米ドルを買って円を売るものを、「米ドルコール/円プット・オプション」(略して米ドルコール・オプション)と呼び、米ドルを売って円を買うものを、「米ドルプット/円コール・オプション」(略して米ドルプット・オプション)と呼びます。

また、通貨ペアがユーロ/米ドルの場合には、ユーロを買って米ドルを売るものを、「ユーロコール/米ドルプット・オプション」と呼び、ユーロを売って米ドルを買うものを、「ユーロプット/米ドルコール・オプション」と呼びます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。