• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 526
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:51
  • 印刷

信用取引の逆日歩の発生日数について教えてください。

カテゴリー : 

回答


信用取引の逆日歩は、新規建の受渡日から返済の受渡日の前日までの日数で計算します(このことを「片端入れ」といいます)。
※「受渡日」とは、市場で、目的物の授受、代金の支払い(売買の決済)をする日のことです。受渡日の詳細はコチラをご確認ください。

なお、約定日から受渡日の間に土日祝日がある場合は、土日祝日を含んだ期間で逆日歩が発生しますので、ご注意ください。

【参考例】
下記日程のように、株式信用取引で26日(火)に売り建てて、27日(水)に決済をした場合
新規建注文の受渡日は29日(金)、返済の受渡日は翌月1日(月)になります。返済の受渡日は土日を挟むことで2日間ズレ込んでいます。
その場合は、土日を含んで逆日歩が発生します。そのため、新規建注文の翌営業日に決済注文をした場合でも、3日分の逆日歩が発生します。

image

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。