• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5015
  • 公開日時 : 2021/11/25 17:00
  • 印刷

取得年が異なるNISA口座の単元未満株を合算し、単元株として売却できますか?

カテゴリー : 

回答

取得年度(受渡日基準)の異なる単元未満株式を合算して単元株として売却できます。
※2018年10月1日に内国株式の単元株数(売買単位)が100株に統一されました。
 
(例)
2019年〇月 A銘柄を100株購入
2020年〇月 A銘柄を100株購入
2021年〇月 A銘柄が2:1の株式併合を行う。
 
株式併合後の保有状況は、2019年〇月購入分が50株、2020年〇月購入分が50株となります。
合算し100株となり、単元株として売却することができます。
 
※売却注文は、PC会員ページ」と「GMOクリック 株」で可能です。
上記以外の取引ツール(iClick株、株roid、スーパーはっちゅう君、はっちゅう君)ではNISA口座についての照会のみ可能です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。