• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 398
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:50
  • 更新日時 : 2016/04/14 17:54
  • 印刷

FXネオ取引におけるスリッページについて教えてください。

カテゴリー : 

回答

スリッページとは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことを指します。
変動が大きい相場になっている場合等は、スリッページが発生する可能性があり、お客様にとって不利なレートまたは有利なレートで約定する場合がございます。

当社においては、成行注文・逆指値注文・ロスカット注文にて、スリッページが発生いたします。
※ロスカット注文は、ロスカット条件に達した時点で成行注文として発注されます。
※逆指値注文は、為替レートが指定した価格に達したとき、当社で提供しているレートで取引が成立します。

スリッページ対策として、ご注文時にスリッページの限度幅を予め、設定することが可能です。
ただし、許容スリッページを設定された場合、ご注文を受け付けることができない場合がございます。
※許容スリッページの設定は成行注文のみとなります。

取引事例
取引ケース① USD/JPY・成行・買い注文
許容スリッページ設定なし または 15pips以上の場合

image
1.お客様が注文した際に提示していたレート
2.当社に注文が到着したレート
3.お客様の注文が約定したレート
※有利なレートで約定する場合もあります。

お客様のご注文許容範囲が100.15を上回っており、
当社に注文が到達したレートが許容範囲であるため約定成立。

取引ケース② USD/JPY・成行・買い注文
許容スリッページ設定 15pips未満の場合

image
1.お客様が注文した際に提示していたレート
2.当社に注文が到着したレート

お客様のご注文の許容範囲が100.15を下回っており、
当社に注文が到達したレートが許容範囲外であるため注文を受付けることがことができません。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。