• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3937
  • 公開日時 : 2021/06/11 16:15
  • 印刷
用語説明

権利付最終売買日・権利落ち日とは何ですか?

カテゴリー : 

回答

権利付最終売買日・権利落ち日について以下のとおりです。
 
<権利付最終売買日>
 株主がその銘柄を保有することで株主権利(配当金・株主優待など)を得ることができる最終取引日を指します。
 株主権利を取得するためには、各企業が定めている権利確定日に株主として株主名簿に掲載されている必要があります。
 そのためには、権利確定日から2営業日前(権利付最終売買日)までに株式を購入しなければなりません。
 なお、株主権利を得るには、権利付最終売買日の大引けまでに買付が必要です。
 
<権利落ち日>
 株主がその銘柄を保有することで株主権利(配当金・株主優待など)を得ることができる、最終売買日の翌営業日を指します。
 権利落ち日以降に買付をしても、株主権利を得ることはできない為、次回以降の権利確定日まで保有する必要があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。