• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 366
  • 公開日時 : 2016/04/08 13:50
  • 更新日時 : 2019/07/22 14:25
  • 印刷

信用取引の配当落調整金による不足金が発生しました。なぜですか?

回答

配当落調整金の支払時期に、口座残高が不足している場合は、不足金が発生いたします。
※解消方法についてはこちらをご確認ください

信用取引の配当金の取扱いは、現物株式の配当金とは異なり、配当金相当額として、口座内で受払いを行います。この配当金相当額を「配当落調整金」と言います。

信用取引の建玉を権利付最終売買日から権利落ち日をまたいで保有していた場合、買建玉を保有していた場合は配当落調整金を受取り、売建玉を保有していた場合は配当落調整金を支払います。

配当落調整金の支払い時期は、銘柄によって異なりますが、権利確定日の2~3ヶ月後が一般的です。

配当落調整金の詳細はこちらをご参照ください

アンケート:ご意見をお聞かせください

お問い合わせ

「よくあるご質問」では解決しない場合はカテゴリーをご選択のうえ、こちらからお問い合わせください。