• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 信用取引 』 内のFAQ

75件中 21 - 30 件を表示

3 / 8ページ
  • 一般信用取引で信用期日が設定されるのはどのような時ですか?

    上場廃止、株式分割等の事象が発生した場合、当社の判断により信用期日の繰り上げを行う場合があります。 詳細につきましては、こちらをご確認ください。 詳細表示

    • No:711
    • 公開日時:2018/08/18 00:00
  • 一般信用売りの注文の有効期限はいつまでですか?

    短期銘柄は「当日」、無期限銘柄は「日付指定」で最大1ヶ月先の営業日までお選びいただけます。 有効期限が切れた注文は失効します。 詳細表示

    • No:1969
    • 公開日時:2019/01/10 00:00
  • 二階建とは可能ですか?

    二階建とは、代用有価証券である現物株式と、保有している信用買建玉が同一銘柄である状態のことを言います。 当社では二階建について一律の規制を行うものではありませんが、二階建を行っている銘柄やお客様の代用有価証券の占有率の状態によっては、個別に注意喚起を行うことがあります。 特に2部市場や新興市場等に... 詳細表示

    • No:590
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
  • 信用取引の追加保証金(追証)を期限までに入金しないとどうなりますか?

    お客様の信用取引口座の建玉をすべて任意決済させていただきます。 詳細表示

    • No:172
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
  • 信用取引の配当落調整金の入出金はどの画面で確認できますか?

    信用取引の配当落調整金の入出金履歴は、以下の画面でご確認ください。 ・会員ページ【マイページ】-【精算表】-【取引履歴・CSV】 より、取引区分「その他」にチェックを  入れ、受渡日を選択し、期間を指定して[検索]をしてください。 ・会員ページ【マイページ】-【電子書類閲覧】より、「取引報告書・取引残高... 詳細表示

    • No:620
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
    • 更新日時:2019/07/19 12:10
  • IPO(新規公開株)の 配分方法について教えてください。

    新規公開株のお客様への配分は、配分の機会を公平に提供するため、当社配分可能株数のすべてについて抽選により配分先を決定致します。 新規公開株の抽選は、次の要領で行います。 抽選はブックビルディング期間中に当社会員ページを通じて需要申告をし、かつ、別途配分の申込みを行ったお客様を対象に、抽選日... 詳細表示

    • No:451
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
  • 信用取引でも株主優待や配当金受取の権利は取得できますか?

    信用取引の建玉を権利付最終売買日から権利落ち日をまたいで保有していても、株主優待や配当金の権利は取得できません。 なお、信用取引の建玉を権利付最終売買日から権利落ち日をまたいで保有していた場合、買建玉を保有していた場合は配当落調整金を受取り、売建玉を保有していた場合は配当落調整金を支払います。 配当落... 詳細表示

    • No:65
    • 公開日時:2019/01/10 00:00
    • 更新日時:2019/09/27 13:42
  • 株式取引にはどのようなメール配信サービスがありますか?

    株式取引では、下記メール配信サービスをご利用いただけます。 ■株式取引 ・約定通知メール ・注文失効通知メール ・電子交付通知メール ■共通 ・メールニュース 各種メール配信サービスの配信設定・配信停止は、以下画面にて、ご設定いただけます。 ■メール配信・配信停止設定 ・会員ペー... 詳細表示

    • No:632
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
    • 更新日時:2019/07/18 14:57
  • 在庫不足による注文取消/強制決済とは何ですか?

    一般信用建玉の売建について、在庫不足の発生が予想される場合は、一定の催告期間を設けたうえで在庫不足が解消するまで以下の対応をさせていただきます。 ※ただし、緊急かつやむを得ない事由がある場合は、催告期間を設けず、当社が定めた期日に切り上げることもあります。 詳細はこちらをご確認ください。 詳細表示

    • No:1889
    • 公開日時:2018/08/18 13:00
  • つなぎ売りとはなんですか?

    「つなぎ売り」とは、同一銘柄を現物取引で買い、信用取引で売建する取引手法です。 株主優待や配当を取得する際に、保有株式の価格下落による損失へのリスクヘッジの手段として人気の手法です。 詳細はこちらをご確認ください。 詳細表示

    • No:1970
    • 公開日時:2019/01/10 00:00

75件中 21 - 30 件を表示