• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 税金 』 内のFAQ

15件中 11 - 15 件を表示

2 / 2ページ
  • 先物・オプション取引は他の取引と損益通算できますか?

    店頭デリバティブ取引(FXネオ、外為OP、CFD)、市場デリバティブ取引(くりっく365、日経225先物・OP、商品先物)による損益は通算することができます。 ※株式取引による損益と通算することはできません。 詳細は、 コチラ をご確認ください。

    • No:717
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
  • 先物・オプション取引の確定申告は必要ですか?税金の取扱について教えてください。

    先物・オプション取引により発生した利益は、雑所得として申告分離課税(税率20%)の対象となります。 税制改正については コチラ をご確認ください。 2012年以降の税制のポイントは コチラ をご確認ください。

    • No:176
    • 公開日時:2017/11/30 17:00
  • 先物・オプションの電子交付書類にはどのようなものがありますか?

    取引報告書、取引残高報告書、年間取引報告書です。会員ページ【マイページ】-【電子書類閲覧】にて閲覧できます。    書類  内容  交付日時  取引報告書  取引内容を記載した書類   約定日の翌営業日正午までに交付   5年間保存されます。  取引残高報告書  取引内容や残高を記載した書類 ...

    • No:581
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
  • 先物・オプション取引に係る損失のうち控除できない部分を翌年以降に繰り越すこ...

    先物・オプション取引の決済により生じた損失の額のうち、その年控除しきれなかった金額については、翌年以降3年にわたって繰越控除を行うことができます。 損失の繰越控除を利用するには、損失が発生した翌年以降、損失を繰り越す期間中は取引の有無にかかわらず毎年確定申告を行う必要がございます。 税制改正についてはコチラ

    • No:548
    • 公開日時:2016/04/08 13:51
  • 復興特別所得税(復興増税)は、どのようなものに課税されますか?また、いつか...

    復興特別所得税とは、東日本大震災からの復興財源を確保するためのもので、給与や賞与のほか、金融商品から生じる利子・配当・売買益も対象になります。 2013年から2037年まで(25年間)の各年分の所得税の額に2.1%を乗じた金額が、追加的に課税されます。 詳しくは コチラ をご参照ください。 2012...

    • No:486
    • 公開日時:2017/11/30 17:00

15件中 11 - 15 件を表示