• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくあるご質問

『 NISA口座開設 』 内のFAQ

15件中 11 - 15 件を表示

2 / 2ページ
  • NISA口座はいつでも開設できますか?

    NISA口座の勘定設定期間中であればいつでも開設可能です。 ▽勘定設定期間 ①2014年1月1日~2017年12月31日(基準日:2013年1月1日) ②2018年1月1日~2023年12月31日 ※勘定設定期間ごとに更新手続きが必要となります。 ※NISAの制度の詳細は今後、変更されることがあります。 詳細表示

    • No:764
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
    • 更新日時:2021/11/26 11:58
  • NISA開設の際に配当金受け取り方式を「株式数比例配分方式」に変更しましたが、「株式数比例配分方式」以外の受け取り方法へ変更できますか?

    配当金受け取り方法の変更は可能です。 なお、「株式数比例配分方式」以外の配当金受け取り方法へと変更された場合、NISA口座の配当金は非課税とはならず、20.315%の税金がかかりますので、くれぐれもご注意ください。 また、配当金受け取り方法の変更はお客様のすべての証券口座に適用されます。 他の証券会社で配当金受け取り方法を「株式数比例配分方式」以外へと変更された場合も、当社で開設い... 詳細表示

    • No:762
    • 公開日時:2016/04/08 13:52
    • 更新日時:2021/11/26 11:55
  • 氏名・住所等の変更がある場合、NISA口座申込手続きはどうしたらよいですか?

    NISA口座申込と同時に変更が可能です。 NISA口座の申込書類は顧客属性変更届出書も兼ねています。 氏名・住所に変更がある場合は、変更後のお客様情報を申込書に記載し、マイナンバーと新しい情報が記載されているご本人様確認書類も添付のうえ、提出して下さい。 ■NISA口座の開設手続きについてはこちらをご確認ください。 ■氏名の変更手続きに必要な本人様確認書類についてはこちら... 詳細表示

    • No:275
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/11/26 11:27
  • NISA口座の申し込みを複数の金融機関で申し込みをおこないました。どうなりますか?

    最も申込の早い金融機関においてNISA口座が開設されることになります。 複数の金融機関に同時にお申し込みされた場合、希望とは異なる金融機関にNISA口座が開設されることがありますので、NISA口座の開設を希望されない金融機関へお早めに申込の取消をお申出ください。 詳細表示

    • No:320
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/11/25 15:03
  • NISA口座は複数の金融機関で開設することができますか?

    同じ年に開設できるNISA口座は、1つの金融機関にてお一人様、1口座限りとなっております。 なお、2015年1月1日以降、1年ごとにNISA口座を開設する金融機関を変更することができるようになりました。 ただし制度上、既にNISA口座での買付がある年は、翌年まで金融機関の変更はできません。 ※その年のNISA非課税枠が未使用の場合は、変更が可能です。 ... 詳細表示

    • No:183
    • 公開日時:2016/04/08 13:50
    • 更新日時:2021/11/25 13:38

15件中 11 - 15 件を表示